HIBINOTAWAGOTO ++ ひびのたわごと ++

阪大豊中キャンパス出入口のご案内

time 2016/11/04

阪大豊中キャンパス出入り口をご案内します。
もちろん阪大の公式サイトにも掲載されてるんですけどね。

大阪大学豊中キャンパスマップ

出典:大阪大学豊中キャンパスマップ http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html

写真入りで、出入口の周辺状況などを含めてお伝えします。

sponsored link

石橋口

最寄り駅の阪急石橋駅から歩くと、たどり着く入り口です。平日昼間は自転車では入れません。
自転車は、阪大坂の下の駐輪場に置いて、あとは徒歩で阪大坂を上ります。

通常は、この出入口を使う人が多いと思います。とっても一般的なので、とりあえず写真は省略します。(人が多くてうまく写真が撮れなかったとも言います)

正門

車が入れる入り口はここだけです。常時(24時間)警備員さんがいらっしゃる入り口です。
石橋側とは異なり、平日昼間に自転車で入ることもできます。

img_0048

阪大正門はここなんですが、正門というと、みんながよく使う石橋駅側を想像する人が多いみたいで、誤解を防ぐために「フレンドリー側の出入口」とも呼ばれます。その名の通り、ファミリーレストランのフレンドリーが中央環状線と高速道路を渡った先にあります。

最近、フレンドリーがゴッツという店に変わりました。まだ「フレンドリー側の出入口」と呼んでる人が多いだろうけど、そのうち「ゴッツ側の出入口」に変わっていくんでしょうか。

関連記事阪大正門からすぐのフレンドリーがゴッツ(GOTT)豊中刀根山店になった!

img_0058

ファミレスのフレンドリーゴッツから、阪大正門に渡る横断歩道と橋です。横断歩道は中央環状線、橋の下には高速道路が走っています。

横断歩道の信号が変わると同時にダッシュすると、何とか一度に正門まで渡りきれますが、普通に歩いていると信号が変わってしまい、信号待ちを2度することになります。

なので、この交差点ではダッシュする阪大生がたくさん見られます。ダッシュで渡るときも車に気をつけてくださいね!

柴原口

もうひとつの阪大豊中キャンパスの最寄り駅モノレール柴原駅から近い入り口です。駅から入り口の距離は石橋駅よりも近いです。

ただ、モノレールは料金が高い、本数が少ない、柴原駅前はお店等がほとんどないということで、阪急石橋駅と石橋口とを使う人が多いようです。

キャンパス内の目的地が理学部や基礎工学部であれば、柴原駅が近いです。

柴原口(柴原駅側)

モノレール柴原駅から、一番近い入り口はこちらです。自転車で通れます。

img_0053 img_0055

柴原口(正門側)

img_0051

柴原口はスグ近くに、ふたつの入り口があります。ここも自転車で通れます。

こちらの入り口には、中央環状線と高速道路を渡り、刀根山元町方面に続く歩道橋(写真左)が近くにあります。歩道橋は階段なので、自転車では通れません。

東口

img_0026

自転車で通行できます。階段横の入り口のスロープが結構長いです。自転車を押して通るのが面倒に感じるかもしれません。

すぐ近くにファミリーマートがあります。少し歩くとセブンイレブンもあります。コンビニにはお酒もあります。

男子学生寮の清明寮が近くにあります。

刀根山口

男子学生寮の刀根山寮が近くにあります。キャンパスのはしっこなので、刀根山寮関係者ぐらいしか使わないと思います。

img_0094 img_0095

ここから出ると、待兼山の住宅地です。

 

大学会館北口

img_0044

「弓道場の近くの出口」とも呼ばれます。平日昼間は自転車では入れません。夜間や休日は、鉄の棒にガンガン自転車を当てながら、自転車で無理やり入れないことはないです。

「大学会館」というのは「大阪大学会館」のことで、以前は「イ号館」と呼ばれていました。

この出口から出ると、箕面市側に出られます。かなりの傾斜があり自転車ではツライというか、押さないと無理だと思います。

住宅地の坂を下っていくと、マクドナルド171号箕面店、阪急オアシス箕面店などのある171号線に出ます。

 

番外編

待兼山口(勝手に命名)

地図の65番、極限科学研究棟の近くの出入り口です。3階、4階食堂のある生協の建物の坂を上がったところです。なぜか公式サイトの地図にはありませんでした。

img_0047

自転車で通行できます。ここから出ると、待兼山の住宅地へ出ます。このあたりは坂が多いので、自転車ではしんどいです。

この出口から坂を下って住宅地を抜けると、ホームセンターのコーナンが近くにあります。コーナンの近くには、以前石橋口にあった「お好み焼きあきちゃん」があります。

留年坂(通称)

地図の76番、明道館と地図の75番、学生会館の間の階段を登った先です。階段なので自転車では通れません。

img_0028

地図の80番、待兼山会館があります。待兼山会館は今、カレーとトンカツの店になってます。

関連記事阪大豊中キャンパス食堂へ行こう!待兼山会館リブレ(LIBRE)

img_0029 img_0030

待兼山会館の前を通って、緑がいっぱいの階段を降りると

img_0035

池の近くにでます。

img_0039

ここから、池沿いに阪大坂へ行くことも出来るし、待兼山や石橋の住宅地を通って176号線に出ることもできます。

まとめ

阪大豊中キャンパスの出入口、もっとあるよー、とか、自転車のルール変わったよとかありましたら、追加変更していきたいので、教えてもらえたら嬉しいです。

関連ページと広告



sponsored link

コメント

down

コメントする






sponsored link