Tweet

[English] [Japanese]


松村 真宏なおひろ

准教授、博士(工学)

連絡先

〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-7
大阪大学大学院経済学研究科 356号室

Google Mapアクセスマップ豊中キャンパスマップ

自己紹介

1975年大阪生まれ。工学系出身で経営学系に在籍している仕掛学系の研究者。Amazonの著者紹介のページはこちら、SKHOLEによるインタビュー記事はこちら、夢ナビによるインタビュー記事はこちら

研究テーマ

松村ゼミ(Mゼミ or シカケラボ)では「仕掛学」と「ソーシャルデータマイニング」に取り組んでいます。

仕掛学

仕掛学では、人の意識や行動を変える仕掛けのデザインと実装と検証に取り組んでいます。鳥居が置かれている場所にはゴミを捨てにくくなりますし、階段がピアノのように音が鳴るようになると階段を使いたくなります。これまで、このような仕掛けの事例を集めて分析することを通して、仕掛けの満たすべき要因を明らかにしてきました。

これまで、大阪大学構内にバスケットゴールのついたゴミ箱を設置したり、天王寺動物園にライオン型手指消毒を設置するなど、さまざまな場所にさまざまな仕掛を設置して、その効果を検証してきました。

ソーシャルデータマイニング

ソーシャルデータマイニングでは、データに基づく社会現象の分析と理解と予測に取り組んでいます。データマイニング、テキストマイニング、機械学習、統計解析といった手法を駆使して対象をモデル化し、そのモデルを使って将来の動向を予測したり、諸問題を科学的に解決することを目指しています。

これまで、組織運営のメーリングリストから人間関係やリーダーシップの構造を解明したり、電子掲示板、ブログ、SNS、twitterなどからクチコミやコミュニケーションのメカニズムを解明してきました。例えば、メッセージ間を伝播する語に着目することで話題のトリガーとなる語や人間関係を明らかにしたり、2ちゃんねるにおける盛り上がりのダイナミズムを共分散構造モデルによって表すことで、アスキーアートや2ちゃんねる語などの定型的表現傾向が議論発散傾向と議論深化傾向に及ぼす関係などを明らかにしてきました。

このように、人々の言動や社会現象を対象として、定量的・定性的に分析するための方法論を開発したり、分析して得られた知見から社会現象を読み解いたり、実社会に役立てることで、「影響力」のメカニズムを様々な切り口から明らかにすることに取り組んでいます。

ロゴ

松村ゼミ(Mゼミ or シカケラボ)のロゴは以下です。

ゼミ生の受け入れについて

松村ゼミでは、仕掛学(主に学部生が対象)やソーシャルデータマイニング(主に大学院生が対象)に興味があり、やる気溢れるゼミ生を募集しています。

ゼミの活動は、仕掛けの製作、仕掛けの実験、実験データの分析、論文作成、学会発表をメインに行いつつ、それと並行して、ゼミ飲み会、ゼミ旅行、学祭、流しそうめん@阪大坂、ゑびす男選び@阪大坂、石橋商店街のイベント、その他の突発イベントが適宜行われます。

研究も遊びも真剣に取り組むのが松村ゼミのポリシーなので、他のゼミに比べると盛り沢山でちょっと大変かもしれませんが、大学生活を精一杯楽しみましょう!

研究生(留学生)の受け入れについて

松村ゼミ(シカケラボ)での研究生を希望する人は、研究生入試情報を参照し、決められた内諾依頼受付期間内に、必要な書類を経済学研究科国際交流室 までお送りください。