Mゼミ

Mゼミとは

Mゼミとは,大阪大学経済学部松村ゼミのことです。MはマゾのMとか笑むのMとか諸説あります。研究テーマは仕掛学です。

活動方針

ゼミの基本ルーチンは「仕掛けの考案と実験の進捗報告,論文執筆の進捗報告,論文紹介」です。基本的にはこれを毎回全員に行ってもらいます。毎週火曜日の対面でのゼミに加え,メールやSlackを使って365日研究を進めてもらいます。

3回生の後半から4回生の前半にかけて就活でゼミに関わる時間が減るので,3回生前半から仕掛けの実践に取り組んでもらいます。3回生前半で仕掛けの実践経験を積んでもらうことで,3回生後半からの就活の話のネタにしてもらえれば。就活で忙しい時期は,論文執筆と論文紹介が中心になります。

4回生と3回生でチームを組んで取り組んでもらいます。それを通して,4回生から3回生に知識の伝承が行われることを期待しています。

研究テーマは自分たちで見つけてくることもあれば,企業との共同研究として行うこともあります。

仕掛学を正確に理解するためには関連図書を読んでもらう必要がありますが,ゼミの時間に行う余裕はないので,ゼミ以外の時間の自主的な勉強会でしてもらいます。2019年度のゼミ生からはゼミ配属が決まった2月からからゼミが始まるまでの2ヶ月間に集中的に関連図書を読んでもらいます。

卒業するまでに卒論,懸賞論文,研究会論文のいずれかを執筆してもらうのがMゼミのルールです。基本的に3,4回生の2年間配属することを前提とします。

論文執筆について

研究の方向性が見えてきたら,なるべく早い時期から論文を書き進めてもらいます。先行研究を調べて論文の体裁で文章化していき,実験と考察以外のところをどんどん埋めていくことで,研究の新規性や学術的貢献が見えてきます。毎週アップデートを繰り返すことで,よい論文に仕上がることを期待しています。

年間イベントスケジュール(不定期イベントは除く)

1年を通した大まかな流れは以下のとおりです。これに加えて,企業との共同研究や各種イベントが不定期に飛び込んできます。

   
日程 2回生3回生4回生
4月 新歓コンパ
ゼミ卒論の輪読を行い,ゼミでこれまで取り組んできた/現在取組中の仕掛けについて理解を深める 3回生に,論文の調べ方/論文紹介の仕方/論文の書き方についてレクチャーする
5月
6月 JSAIで発表
7月 流しそうめん@阪大坂,夏季発表会
8月〜9月 関連論文を読みまくる,ゼミ旅行
10月
11月 まちかね祭
仕掛学研究会
12月
1月 ゑびす男選び@阪大坂
2月 読書会 仕掛学研究会
3月 読書会 追いコン

関連図書

仕掛学

  • 仕掛学(東洋経済新報社)
  • 人を動かす「仕掛け」(PHP研究所)

アイデア発想

  • アイデアのつくり方(CCCメディアハウス)
  • アイデアのヒント(CCCメディアハウス)
  • 考具(CCCメディアハウス)

行動変容理論

  • Designing for Behavior Change (O'Reilly Media)
  • The Behaviour Change Wheel (Silverback Publishing)
  • ABC of Behaviour Change Theories (Silverback Publishing)
  • 人を動かすマーケティングの新戦略 「行動デザイン」の教科書(すばる舎)
  • Hooked ハマるしかけ(翔泳社)

認知心理学・行動経済学・行動分析学

  • 実践 行動経済学(日経BP社)
  • 影響力の武器(誠信書房)
  • 影響力の武器 実践編(誠信書房)
  • 誰のためのデザイン?(新曜社)
  • 生態学的視覚論(サイエンス社)
  • 行動分析学入門(産業図書)

その他

  • デザインのデザイン(岩波書店)
  • まなざしのデザイン(エヌティティ出版)
  • 不便益(近代科学社)
  • 考えなしの行動?(太田出版)
  • なぜこの店で買ってしまうのか(早川書房)
  • ソーシャルデザイン(朝日出版社 )

仕掛け関連論文(著者に松村が含まれるもの)

  • 森井 大一,松村 真宏:真実の口を模した仕掛けによる病院来訪者の手指衛生行動への介入,第6回仕掛学研究会 (2019.2)
  • 高島 直駿,松村 真宏:自転車バンク:放置自転車を減少させる仕掛け~選択肢提示による間接的な注意喚起の効果検証~,第6回仕掛学研究会 (2019.2)
  • 山根 大路,松村 真宏:見えざる人の存在を想起させる仕掛けによるポイ捨て抑止実験,第6回仕掛学研究会 (2019.2)
  • 白水菜々重,山本崇,松村真宏:駅・電車内に設置されたデジタルサイネージにおいてフックコンテンツとして放映される時事情報の効果に関する分析,第5回仕掛学研究会 (2018.11)
  • 松村 真宏:自動紙飛行機折り機を用いたアンケートに答えたくなる仕掛け,第5回仕掛学研究会 (2018.11)
  • 松村 真宏:エンターテイメント施設における仕掛けの試み,第4回仕掛学研究会 (2018.6)
  • 板谷 祥奈,竹内 穂波,松村 真宏:「ひじでつく」ナッジ、「そそる」仕掛け,第3回仕掛学研究会 (2018.3)
  • 村井 翔,松村 真宏:規範と監視を訴求したポイ捨て抑止実験,第3回仕掛学研究会 (2018.3)
  • 河野 元希,松村 真宏:オブジェ設置による空間の賑わいの創出,第3回仕掛学研究会 (2018.3)
  • 伊藤 愼介,松村 真宏:スイッチの行動誘発効果についての基礎的検討,第3回仕掛学研究会 (2018.3)
  • 白水 菜々重,山本崇,松村真宏:デジタルサイネージに対する注目を集めるための仕掛け-フックコンテンツに関する基礎検討-,第3回仕掛学研究会 (2018.3)
  • 松村真宏, Tadahiro Inoue:仕掛けのWearIN/OUT効果について,2017年度人工知能学会全国大会(第31回)(2017.5)
  • 板谷 祥奈,張 凌雲,松村 真宏:仕掛けによる試食促進の試み,2017年度人工知能学会全国大会(第31回)(2017.5)
  • 伊藤 愼介,村井 翔,北虎 叡人,松村 真宏:流しそうめん@阪大坂による竹林の再価値化,2017年度人工知能学会全国大会(第31回)(2017.5)
  • 松村真宏:シカケハッカソンにおけるチーム編成とクリエイティビティ,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6)
  • 板谷祥奈,宮武由佳,田縁正明,廣本嶺,松村真宏:小鉢ガチャ,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6)
  • 高橋緑,竹内穂波,矢倉誠人,小川泰隆,松村真宏:遊び心を利用したビラ配布の実証実験,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6)
  • 松村真宏:シカケコンテスト投稿作品におけるシカケの構成要素の分析,情報処理学会 第39回エンタテインメントコンピューティング研究発表会 (2016.3)
  • 髙橋緑,竹内穂波,矢倉誠人,小川泰隆,松村真宏:引っ掛かりを利用したビラ配布・設置の実証実験,情報処理学会 第39回エンタテインメントコンピューティング研究発表会 (2016.3)
  • 板谷祥奈,宮武由佳,田縁正明,呉京澤,廣本嶺,松村真宏:カプセルトイによる行動誘発実験,,情報処理学会 第39回エンタテインメントコンピューティング研究発表会 (2016.3)
  • 廣本嶺,小川泰隆,山根承子,松村真宏:視聴覚刺激を用いた仕掛けが入店行動に及ぼす影響,電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会 (2016.1)
  • Naohiro Matsumura, Renate Fruchter, Larry Leifer: Shikakeology: designing triggers for behavior change, AI & Society, Volume 30, Issue 4, pp 419-429 (November 2015)
  • Shoko Yamane, Naohiro Matsumura: The effect of a ticking clock on task performance, AI & Society, Volume 30, Issue 4, pp 443-449 (November 2015)
  • 松村真宏:仕掛け作りを普及させるために考えること,第29回人工知能学会全国大会 (2015)
  • 松村真宏:100円ショップの商品を使った仕掛けデザインワークショップの試み,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 (2014.11)
  • 松村真宏:仕掛けをデザインする試み(100円ショップの商品を使った事例), Designシンポジウム2014 (2014.11)
  • 松村真宏:仕掛けをデザインする試み,第28回人工知能学会全国大会 (2014.5)
  • 松村真宏:AAAI Spring Symposium on Shikakeology会議報告〜プロポーザルから開催まで〜,人工知能学会論文誌 第28巻号, pp. 819-821. (2013.9)
  • 松村真宏:仕掛学概論―人々の人々による人々のための仕掛学―,人工知能学会論文誌 第28巻5号, pp. 584-589 (2013.7)
  • 松村真宏:仕掛学への誘い,人工知能学会論文誌 第28巻5号, pp. 583 (2013.7)
  • 松村真宏:見方を学ぶフィールドマイニングゲーム,KEIO SFC JOURNAL Vol.12 No.2, pp.47--59 (2013)
  • 松村真宏:人を誘う仕掛け,計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2013 (SSI2013) (2013.11)
  • 松村真宏:仕掛けトリガーの体系化,第27回人工知能学会全国大会 (2013.6)
  • 松村真宏,山根承子:仕掛学による草の根イノベーション構想,電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会, pp.39-40 (2013.3)
  • 松村真宏:不便を活かす仕掛学,計測と制御 Vol.51. No.8, pp. 710-715 (2012)
  • 岡駿一郎,山根承子,松村真宏:ピタリ効果による食生活の改善,第26回人工知能学会全国大会 (2012.6)
  • 松村真宏:双対問題としての仕掛学,第26回人工知能学会全国大会 (2012.6)
  • 松村真宏:仕掛学:気づきのデザイン―参加型ワークショップにおける仕掛けの事例―,人工知能学会誌 第26巻5号, pp. 425-431 (2011)
  • 前川隆史,松村真宏:らくがき帳の内容とスタイルの分析,ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.13, No.1, pp. 67--72 (2011)
  • 松田成貴,當麻 俊介,松村真宏:音風景が意識変化に及ぼす効果,ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.13, No.1, pp. 99--107 (2011)
  • 宮井康宏,上西啓介,松村真宏:他者行動の提示がゴミ分別へ与える影響の分析,第25回人工知能学会全国大会 (2011.6)
  • 山根承子,松村真宏:時計がタスクパフォーマンスに与える影響,第25回人工知能学会全国大会 (2011.6)
  • 松村真宏:仕掛学の試み,第25回人工知能学会全国大会 (2011.6)
  • 松村真宏,市橋歩実:「らくがきマップ」による住民主導型コミュニケーションの分析,知能と情報,Vol.22, No.6, pp. 733--743 (2010)
  • 松村真宏,高木章宏:写真の仰俯角と撮影理由に基づく単語の空間定位の分析,Designシンポジウム2010 (2010.11)
  • 前川隆史,松村真宏:らくがき帳のスタイルと内容に関する分析, 信学技報, vol. 109, no. 224, HCS2009-57, pp. 53-58 (2009)
  • 前川隆史,松村真宏:らくがき帳のスタイルと内容分析,第10回人工知能学会若手の会(MYCOM2009) (2009.6)
  • 松村真宏:気づきのデザイン:フィールドマイニングの試み,第24回人工知能学会全国大会 (2010)
  • 松村真宏,松田成貴,當麻俊介:音風景が意識変化に及ぼす効果,ヒューマンインタフェースシンポジウム2008, CD-ROM予稿集 pp. 37--40 (2008.9)
  • 松村真宏:フィールドの魅力を掘り起こすフィールドマイニング,電子情報通信学会誌, Vol.91, pp.237--241 (2008)
  • 松田成貴,松村真宏,市橋歩実,古西正広,笹尾和宏:音風景が意識変化にもたらす過程と効果,第27回ことば工学研究会 SIG-LSE-A702-7, pp. 39--46 (2007.12)
  • 松村真宏:フィールドマイニングゲーム,ヒューマンインタフェースシンポジウム2007 (2007.9)
  • 市橋歩実,松村真宏,田辺稔規,當麻俊介:「らくがきマップ」による住民のまちに対するイメージの抽出と共有,ヒューマンインタフェースシンポジウム2007 (2007.9)
  • 松村真宏:フィールドマイニングプロジェクト2007,第8回人工知能学会若手の会(MYCOM2007) (2007.6)
  • 松村真宏:フィールドマイニング:人とモノと環境との関係を再構築する試み,第43回ヒューマンインタフェース学会研究会, 信学技報 Vol. 107, No. 59, pp.13--18 (2007.5)
  • 笹尾和宏,松村真宏,市橋歩実,古西正広,松田成貴: オフィス街の屋外昼食行動に関する人々の意識変化,第6回シナリオ創発ワークショップ予稿集(ISBN 978-4-915256-64-6 C3040) pp. 32--39 (2007.1)
  • 古西正広,松村真宏,市橋歩実,笹尾和宏,松田成貴:景観マップによるまちの情報共有と新旧住民の意識変化,第6回シナリオ創発ワークショップ,予稿集(ISBN 978-4-915256-64-6 C3040) pp. 24--31 (2007.1)
  • 松村真宏:フィールドマイニング,人工知能学会誌 Vol. 22, No. 1, pp. 27 (2007)
  • 松村真宏:フィールドマイニングプロジェクト,第7回人工知能学会若手の会(MYCOM2006) (2006.6)

仕掛け関連論文(著者に松村が含まれないもの)