Mゼミ

Mゼミとは

Mゼミとは,大阪大学経済学部松村ゼミのことです。MはマゾのMとか笑むのMとか諸説あります。研究テーマは仕掛学です。

活動方針

ゼミの基本ルーチンは「仕掛けの考案と実験の進捗報告,論文執筆の進捗報告,論文紹介」です。基本的にはこれを毎回全員に行ってもらいます。毎週火曜日の対面でのゼミに加え,メールやSlackを使って365日研究を進めてもらいます。

3回生の後半から4回生の前半にかけて就活でゼミに関わる時間が減るので,3回生前半から仕掛けの実践に取り組んでもらいます。3回生前半で仕掛けの実践経験を積んでもらうことで,3回生後半からの就活の話のネタにしてもらえれば。就活で忙しい時期は,論文執筆と論文紹介が中心になります。

4回生と3回生でチームを組んで取り組んでもらいます。それを通して,4回生から3回生に知識の伝承が行われることを期待しています。

研究テーマは自分たちで見つけてくることもあれば,企業との共同研究として行うこともあります。

仕掛学を正確に理解するためには関連図書を読んでもらう必要がありますが,ゼミの時間に行う余裕はないので,ゼミ以外の時間の自主的な勉強会でしてもらいます。2019年度のゼミ生からはゼミ配属が決まった2月からからゼミが始まるまでの2ヶ月間に集中的に関連図書を読んでもらいます。

卒業するまでに卒論,懸賞論文,研究会論文のいずれかを執筆してもらうのがMゼミのルールです。基本的に3,4回生の2年間配属することを前提とします。

論文執筆について

研究の方向性が見えてきたら,なるべく早い時期から論文を書き進めてもらいます。先行研究を調べて論文の体裁で文章化していき,実験と考察以外のところをどんどん埋めていくことで,研究の新規性や学術的貢献が見えてきます。毎週アップデートを繰り返すことで,よい論文に仕上がることを期待しています。

年間イベントスケジュール(不定期イベントは除く)

1年を通した大まかな流れは以下のとおりです。これに加えて,企業との共同研究や各種イベントが不定期に飛び込んできます。

   
日程 2回生3回生4回生
4月 新歓コンパ
ゼミ卒論の輪読を行い,ゼミでこれまで取り組んできた/現在取組中の仕掛けについて理解を深める 3回生に,論文の調べ方/論文紹介の仕方/論文の書き方についてレクチャーする
5月
6月 JSAIで発表
7月 流しそうめん@阪大坂,夏季発表会
8月〜9月 関連論文を読みまくる,ゼミ旅行
10月
11月 まちかね祭
仕掛学研究会
12月
1月 ゑびす男選び@阪大坂
2月 読書会 仕掛学研究会
3月 読書会 追いコン

関連図書

仕掛学

  • 仕掛学(東洋経済新報社)
  • 人を動かす「仕掛け」(PHP研究所)

アイデア発想

  • アイデアのつくり方(CCCメディアハウス)
  • アイデアのヒント(CCCメディアハウス)
  • 考具(CCCメディアハウス)

行動変容理論

  • Designing for Behavior Change (O'Reilly Media)
  • The Behaviour Change Wheel (Silverback Publishing)
  • ABC of Behaviour Change Theories (Silverback Publishing)
  • 人を動かすマーケティングの新戦略 「行動デザイン」の教科書(すばる舎)
  • Hooked ハマるしかけ(翔泳社)

認知心理学・行動経済学・行動分析学

  • 実践 行動経済学(日経BP社)
  • 影響力の武器(誠信書房)
  • 影響力の武器 実践編(誠信書房)
  • 誰のためのデザイン?(新曜社)
  • 生態学的視覚論(サイエンス社)
  • 行動分析学入門(産業図書)

その他

  • デザインのデザイン(岩波書店)
  • まなざしのデザイン(エヌティティ出版)
  • 不便益(近代科学社)
  • 考えなしの行動?(太田出版)
  • なぜこの店で買ってしまうのか(早川書房)
  • ソーシャルデザイン(朝日出版社 )